ロゴ

負担を感じることなく車の輸送ができる【プロの丁寧な仕事】

不動車や事故車の移動に悩んだら輸送業者を利用しよう

日頃移動手段として使う車自体を運ぶシーンを日頃から想定している人は少ないはずです。故障などで動かなくなってしまったら焦らずに輸送業者を呼びましょう。公道から早く移動させたいなど要件を伝えるときっちり対応してくれます。

車輸送が必要な場面ランキング

車とカギ
no.1

故障者を運んでもらう

エンジンがかからないなど致命的な部分で故障してしまうとどうしようもありません。修理工場まで運んでもらいましょう。

no.2

距離のある地域へ引っ越す

引越し前後の時間のないときに遠方まで自分で車を運ぶのは骨が折れます。日時指定で依頼をしておけば欲しいときに車を持ってきてくれます。

no.3

旅先で自分の車に乗る

慣れないレンタカーが怖い場合は自分の車を運んでもらうこともできます。長期間の旅行になるとレンタカーより安くつくこともあります。

[PR]
当日配送を対応してくれる!
急ぎの荷物があるなら専門業者に即相談!

専門業者ならスムーズに車の輸送が可能!早めの依頼が肝心

おもちゃの車

車輸送業者の利用料金について

料金を決める要素は車体の大きさと距離です。当然車体が大きい方、距離が遠い方が高くなります。専用のトラックかフェリーを使って運ばれることがほとんどです。2、3日預かってもらった後に輸送してほしい場合は預かる料金も含まれます。ゴールデンウイークやお盆など繁忙期には値上がりすることもあるので大体の予定が決まったら見積もりを依頼してみましょう。時間に融通を持たせると安くなることもあり、早めに計画を立てておいて損はしません。

複数の車

車の個人売買の際にも活用できる

車の輸送は車両を取りに来てもらう位置と配送してもらう位置をそれぞれ指定できます。オークションなど個人で売却した車を購入者のところまで輸送するような使い方も可能です。どちらが利用料を負担するかは売買契約の際に確定させておき、購入者が受け取り時に混乱しないようにしましょう。輸送状況によっては時間がかかるので配送期間に余裕を持つとトラブルを防げます。輸送予約はWEBで申し込みを受け付けてくれるので使い勝手も悪くありません。

電卓と車

車輸送業者を選定する際に押さえておきたいポイント

運んでほしい車を自走させて運ぶ業者がいますが避けた方が無難です。輸送途中に万が一の事故が発生して傷がつくと別途修理費用が掛かり結局お金がかかります。特に人に販売する中古車だとタイヤのすり減り方まで気にする人がいるのも事実です。駐車場内などの短い距離はともかく、輸送はきちんとトラックを使って運んでくれるところを選びましょう。また取扱台数が多いところを選ぶと大量輸送でコスト低減されています。賢く車を運ぶなら費用面も注意しましょう。

おもちゃの車

陸送と輸送の違いについて

文字通り陸送は陸の上だけで運ぶこと、輸送は飛行機やフェリーも使って運ぶことを指します。陸送は引き取り先から納車先までそのまま運びます。空港や港を経由する必要がないので納車までの期間が短いです。積み込まれるのを待つ時間がほとんど発生しないので車上荒らしや盗難の確率も輸送よりは下がります。しかしたくさんの台数を一気に運ぶ輸送と比べて陸送は一度に運べる台数が限られます。運ぶためにかかる費用を輸送している台数で頭割りするとどうしても陸送の方が高くなり、一般に陸送の方が輸送費が高額になります。

プロに依頼しよう

大事な車を預けるのですから多少費用が掛かってもプロに依頼をしましょう。金額だけで選ぶと劣悪な業者に当たりかねません。プロはきちんと専用のトラックなどの輸送設備を持っており、特別事故などがない限りは予定日にきちんと運んでくれます。車に傷をつけないように細心の注意も払ってくれるので安心して預けられます。